日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック|不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安

日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

パークサイド日比谷クリニックの診療時間

日比谷駅のA4出口より徒歩1分です

パークサイド日比谷クリニックの電話番号03-6550-9050

パークサイド日比谷クリニックの予約フォーム

有楽町・日比谷のパークサイド日比谷クリニック

新型コロナウイルス対策について

現在新型コロナウイルス感染症が流行しております。

首都圏での緊急事態宣言が出されますが、医療機関は営業停止対象ではございませんので、パークサイド日比谷クリニックは通常通り診療を行います。

待合スペースでは、ジアイーノでの次亜塩素酸強放出、バルミューダの空気清浄機を稼働させウイルス対策をしております。

また医師・スタッフ共にマスクを着用、アルコール消毒を徹底し院内感染の防止に努めております。
非常に危機的な状況となっておりますが、全員でこの難局を乗り切っていきましょう。

あわせて、下記のいずれかに該当する方の来院は控えていただきますようお願いいたします。

  • 発熱症状のある方
  • 1ヶ月以内に海外渡航歴のある方
  • 匂いや味覚に障害がある方

ご不便をおかけしますがよろしくお願いいたします。

当クリニックの特徴

  • 木曜夜8時まで診療 水・金も夜7時まで
    木曜夜8時まで診療
    水・金も夜7時まで
  • 日比谷駅 徒歩1分 JR有楽町駅 徒歩3分
    日比谷駅 徒歩1分
    JR有楽町駅 徒歩3分
  • 漢方薬治療も可能
    漢方薬治療も可能
  • 再診は予約しなくても好きな時間に受診可能
    再診は予約しなくても
    好きな時間に受診可能

院長の立川です。
日比谷・有楽町という場所柄、当クリニックには色々なお悩みを持った方々が来院されています。

病気を治療し、症状を改善することで楽になって
頂くことは当然ですが、それだけではなく、
当クリニックにご来院して頂くことで少しでも心が癒され、
気持ちが晴れる様な心の拠り所となるクリニックでありたいと
院長はじめスタッフ一同思っております。
是非お気軽にいらして下さい。

医師紹介ページはこちら

専門外来

お知らせ

  • 新型コロナウイルス感染症の対策
  • - 2020/04/03 -
    当院で行っている新型コロナウイルス感染症の対策について
    当院では院内感染防止のため、来院の際は入口のアルコールにて消毒をお願いしております。
    待合室も、次亜塩素酸で空気消毒をしておりますが、患者様もできるかぎりマスク着用をお願いいたします。

    あわせて、下記のいずれかに該当する方の来院は控えていただきますようお願いいたします。

     ・発熱症状のある方
     ・1ヶ月以内に海外渡航歴のある方
     ・匂いや味覚に障害がある方

    ご不便をおかけしますがよろしくお願いいたします。
  • ziaino(ジアイーノ) - 2020/03/23 -
    パナソニックの次亜塩素酸 空間除菌脱臭機「ziaino(ジアイーノ)」を配置しました
    次亜塩素酸は、プールや哺乳瓶の除菌などに活用される成分です。
    当院ではこの機械を配置して、室内の空気や壁、床などに付着している菌やウイルスを除菌、抑制し、感染防止に努めています。
  • 診療時間変更/休診のご案内
  • - 2020/03/16 -
    4月の休診日・診療時間変更のお知らせ
    4/29(水)は祝日ですが通常通り診療いたします。
    ご不便おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
  • - 2020/04/01 -
    5月の休診日・診療時間変更のお知らせ
    ・5/13(水)午前休診、午後は通常通り診療
    ご不便おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
  • - 2020/01/23 -
    当日予約も受付けております
    当日予約はお電話(03-6550-9050)にてご予約ください。
    初診予約は月曜終日、水曜午後、金曜午前、土曜午前に受付けております。

    再診予約は水曜午前、木曜午後、金曜午後に受付けております。
    それ以外の時間帯は予約せずに、直接ご来院ください。
  • - 2020/01/23 -
    月曜日が比較的空いてます
    再診の方も初診の方も月曜日が比較的空いています。
    再診の方は予約不要ですので、直接ご来院ください。
    初診の方はお電話(03-6550-9050)または、メールフォームにてご予約ください。
    当日予約も受付けております。
  • ホームページ更新情報
  • 【コラム】他の敏感な人たち~シゾイドパーソナリティ、発達障害
    詳しくはこちらをご覧ください
  • 【コラム】HSPと過覚醒
    詳しくはこちらをご覧ください
  • 【コラム】HSPと適応障害・うつ病
    詳しくはこちらをご覧ください
  • 【コラム】敏感すぎて疲れてしまう人~HSP(High Sensitive Person)~
    詳しくはこちらをご覧ください
  • 【コラム】ストレス対処方法各論~問題対処内向型~を掲載しました
    詳しくはこちらをご覧ください
  • 【コラム】ストレス対処方法各論~問題対処外向型~を掲載しました
    詳しくはこちらをご覧ください
  • 【コラム】強迫性障害を掲載しました
    詳しくはこちらをご覧ください
  • 【コラム】うつ病と食事を掲載しました
    詳しくはこちらをご覧ください
  • メディア掲載/講演会のお知らせ
  • - 2020/4/8 -
    Webメディア「日経DUAL」に院長の記事「不安感、テレワークのストレス コロナ疲れ処方せん」が掲載されました
    記事はこちらをご覧ください
  • - 2020/1/27 -
    雑誌「GLOW」宝島社の3月号の「GLOW レディスクリニック」というコーナーで、冬季うつ病について解説を行いました。
  • - 2020/1/27 -
    12/29(日)東海テレビで放送された「迷信探偵ファイル~奇々怪界!東海地方の巻~」に出演しました
    「ドッペルゲンガー現象」について解説・説明を行いました。
  • - 2020/1/20 -
    保健同人社WEB「みんなの健康ライブラリー」の「こころの悩み相談室」にて、「抜毛症」の記事を監修しました。
  • - 2019/12/05 -
    日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」で医療監修を行いました
    12/3(火)に放送された日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」で、摂食障害についての医療監修を行いました。
  • - 2019/04/15 -
    講演会座長を行いました
    2019年3月13日:Web講演会「抗うつ薬開発の歴史的展開から考える、今日のうつ病治療薬」
    (演者:北里大学名誉教授 村崎光邦先生)」の座長を院長が行いました。
  • - 2019/09/04 -
    女性自身2019年1月25日「朝にカーテンを開けよう。”冬うつの倒し方”」の記事を監修しました
  • - 2019/09/04 -
    週刊女性2017年3月14日号「摂食障害」の記事を監修しました
  • - 2019/09/04 -
    レタスクラブニュース2015年11月4日「冬季うつ」の記事を監修しました
  • - 2019/09/04 -
    日経グッデイ2014年11月18日「冬がつらい「冬うつ」、夜がつらい「夜うつ」にご用心」の記事を監修しました
  • - 2019/09/04 -
    女性セブン2014年1月28日「冬うつ」の記事を監修しました
  • - 2019/09/04 -
    日経ヘルス2013年2月3日「ちょっと危ない?と思ったら 自分でできるうつ予防」の記事を監修しました
  • - 2019/09/04 -
    日経ヘルス2013年1月20日「昼間は元気、なのに夜は落ち込む「非定型うつ」」の記事を監修しました
  • - 2019/04/15 -
    雑誌 女性自身2019年2月5日号「季節性うつ病」に院長の記事が掲載されています
  • - 2019/04/15 -
    雑誌 週刊女性2018年12月4日号 「ストレス障害」に院長の記事が掲載されています
  • - 2019/04/15 -
    モバイルサイト・家庭医学+薬辞典に院長が執筆しました
    モバイルサイト・家庭医学+薬辞典【体と心の相談室】2018年8月16日配信に院長が執筆しました(精神安定剤について)

このページの先頭へ戻る