日比谷 有楽町の心療内科・精神科|パークサイド日比谷クリニック

日比谷 有楽町の心療内科・精神科 パークサイド日比谷クリニック

日比谷 有楽町の心療内科・精神科 パークサイド日比谷クリニックのコンテンツメニュー

抜毛症でお悩みの方へ
切なるお願い

2021/8/3

当方が、抜毛症治療に力を入れている関係で、全国より抜毛症治療で多くの患者さんが来院されます。

10代の方から50代の方まで幅広い年代の方が抜毛症でお悩みになっています。

様々な患者さんを診察、治療していく中で、痛切に感じていることがあります。

それは
「もっと早く治療に来てくれれば・・・・」
この一言です。

抜毛行為を早く止めることが重要

抜毛症は、一度発症すると、長年繰り返す傾向があります。

発症し、数年間レベルで治療導入出来ると、抜毛という行為が改善するにつれて、髪が元通り生えてきます。つまり、毛根が死ぬ前に、抜毛行為が改善すると、髪はまた生えてくれるのです。

しかし、10数年以上無治療で経過してしまうと、患者さんによっては、治療導入にて抜毛行為自体は改善するも、10数年以上髪を抜き続けることで、毛根がダメージを負い過ぎて死んでしまい、髪が生えてこないケースも多々あります。

こうなってしまっては、折角抜毛行為が無くなっても、ウィッグ着用などしなければならなくなり、生活への支障自体の改善効果が望めなくなります。

治療により、抜毛頻度は減らすことが出来ます

患者さんに、受診が遅くなった理由を聞くと、「恥ずかしいから」、「癖と思っていたから」、「皮膚科に行って治らなかったから」、「自分次第で治ると思っていたから」、「治らないと思っていた」などのお答えを頂きます。

決してそんなことはありません。少なくとも治療により、抜毛頻度は減らすことが出来ます。

毛根は一度生えなくなってしまうと、なかなか再生してくれません。

抜毛症は、決して恥ずかしいことではありません。

当院でなくても、抜毛症に治療を行っている医療機関はあると思います。

一人で長年悩まず、早期発見早期治療が非常に大切です。

「もっと早く治療に来てくれれば・・・・」

そうなる前に。

治療はそんなに辛いものではありません。

取り敢えず、治療しちゃいましょう。

ジャニー喜多川さんじゃないですが、「you 治療しちゃいなよ!」

当方と一緒に楽しく治療していきましょう。

抜毛症コラム一覧

※本掲載内容を許可なく転載することを禁じます

日比谷 有楽町の心療内科・精神科 パークサイド日比谷クリニックトップページへ 

このページの先頭へ戻る

日比谷 有楽町の心療内科・精神科 パークサイド日比谷クリニックの情報がドクターズファイルでも掲載されています