日比谷 有楽町の心療内科・精神科|パークサイド日比谷クリニック

日比谷 有楽町の心療内科・精神科 パークサイド日比谷クリニック

日比谷 有楽町の心療内科・精神科 パークサイド日比谷クリニックのコンテンツメニュー

新型コロナ第2波に対しての心構え
~SOCアプローチ実践~

今回利用するSOCには、下の各構成要素があります。

把握可能感

では、まず「把握可能感」にアプローチしてみます。

第一波の時に、テレワークストレス、自粛生活に対して、私たちどうしたかなぁ?

最初は、慣れずにいっぱいいっぱいだったけど、そのうち、自宅での家飲みとか、youtubeで、自宅筋トレやって息抜きしたよな。そしたら、最初ほど、きつくなくなったなぁ。

仕事も最初は、わけもわからず必死に頑張ったけど、そのうち手の抜き方覚えて、たまにはサボってランニング行ったよなぁ。

自粛生活って言っても、意外とやることあったじゃん。

ってことは、今は「第二波かよ~↓」、「またあのテレワークと自粛生活かあぁ↓」、「お盆休みも旅行行けねーじゃん」って感じたけど、だんだんと慣れてきたし、同じようにたまにサボったり、家飲み、家ヨガ、youtubeとか色々な手段を借りる事、代用すればそんなに苦じゃないかもよ。

旅行行けないけど、近場で結構楽しめたじゃん。

っつーか、第一波の時に、色んな「テレワーク・自粛対策How to」ゲットしたジャン。

「やだなぁ時期」→「色々やってみた時期」→「惰性で何となくやってきた時期」
何となく先が見えてきて、自分なりの青写真が見えてきたな。
これで、把握可能感はオッケー。

処理可能感

次に処理可能感にアプローチしてみます。

ってか、実は、第二波の変化は、実は第一波より少ないのです。人は変化に対してストレスを感じます。

第一波の時は、いきなりテレワーク、マスク必須、除菌バリバリ、コロナに対する未知感満載、鬼のような自粛、わけのわからないコメンテーターの発言。

これって、第二波で我々が受ける変化よりかなり大きいウェーブですよ。

ってことは、第一波の変化を、さっきやった手段(把握可能感)を利用することで乗り切った我々は、その変化より少ない第二波の変化には必ず対応できるじゃん。

まあ、辛いことには変わりないけど、何だかんだで第一波を乗り切ったから、今回も何だかんだいって乗り越えられちゃうじゃん、ってことですよ。

そうです、第二波が収束する頃には、何だかんだいって乗り越えられちゃってます。

まあ、何とかなります!!
これで、処理可能感はオッケー

有意味感

最後に、有意味感です。

これ一番大切です。

第二波のストレス、変化に耐える意味。それって、耐えることが、最短でコロナウィルスストレスが収束する一番有効的な手段ですよね。

このテレワーク、自粛をすることで、コロナ終息への時間が短くなり、結果的にテレワークストレス、自粛ストレスから早く脱却できる。

つまり、このテレワークストレス、自粛ストレスには、めちゃくちゃ意味あんじゃん。

この孤独感、退屈感って、無意味じゃなくて、コロナ終息に向けて、すげー意味あんじゃん。

このストレスって、年末安心して過ごせるため今できる最大の手段で、来年夏休みを楽しむための、プロローグじゃん。

これで有意味感ばっちりです。
こんな感じで、私は乗り越えちゃいます。

だって、今までも乗り越えちゃってきたし、来年の夏、笑って過ごしたいじゃないですか!

※本掲載内容を許可なく転載することを禁じます

日比谷 有楽町の心療内科・精神科 パークサイド日比谷クリニックトップページへ 

このページの先頭へ戻る

日比谷 有楽町の心療内科・精神科 パークサイド日比谷クリニックの情報がドクターズファイルでも掲載されています