日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック|不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安

日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

パークサイド日比谷クリニックの診療時間

日比谷駅のA5出口より徒歩1分です

パークサイド日比谷クリニックの電話番号03-6550-9050

パークサイド日比谷クリニックの予約フォーム

熱中症と漢方

これからの季節、怖いのが熱中症ですね。我々シニアには紫外線によるシミ対策も必須ですが・・・。

熱中症の段階とそれぞれの症状

熱中症は4段階に進み、熱失神 → 熱疲労 → 熱痙攣 → 熱射病と症状が進行します。

それぞれの状態は以下のようになります。

(1)熱失神
皮膚血管の拡張による体内の水分(血液など)の循環不全で血圧が低下する。脳に血液が行かなくなり、顔面が蒼白になり、失神、めまい、呼吸回数の増加などが起こります。
(2)熱疲労
筋肉、皮膚などの末梢血液量の増加に対し、心臓からの血液供給が間に合わずに末梢循環不全となってしまいます。発汗による脱水で、脱力感、倦怠感、頭痛、めまい、吐き気などがみられます。
(3)熱痙攣
汗を大量にかいて、水だけを補給していると、血液中のナトリウム濃度(塩分濃度)低下し、足、腕、腹部の筋肉痛や痙攣などが起きます。
(4)熱射病
体温が上昇で脳の中枢機能に異常をきたし、意識障害を引き起こします。こうなってしまうと最悪死に至る場合もあります。

漢方における熱中症治療

暑気あたり

この熱中症の初期状態は、漢方用語では「暑気あたり」に相当します。

熱中症の初期の循環不全には、そもそも水分自体が足りない場合と、水分自体はしっかり補給しているのですが、その水分が上手く循環出来ていない場合も同様な事が起きます。

折角補給した水分が、上手く体を循環しないと全身に水分が行きわたりません。

水毒

漢方では、この水分の循環不全を「水毒」といいます。

水毒の症状としては、以下のようなものがあります。

  • むくみ
  • 口の渇き
  • 倦怠感
  • 頭痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 痙攣つまり

つまり、熱中症と殆ど同じ症状です。

五苓散

この水毒に効果がある漢方が「五苓散」です。

実は、私も五苓散をよく使用するのですが、五苓散は、口の渇き、頭痛、めまい、吐き気、むくみ、また、二日酔いなどにも効果がる漢方です。

これからの時期、どんどん日差しが強くなり、熱中症のリスクがぐんぐん上がってきますが、水分補給と同時に、この「水毒」にも注目してみては如何でしょうか。

飲んだ水分を、しっかり体全体に循環させ、飲んだ水分は体にため込まず、しっかり出すことが熱中症の予防で大切な事です。

院長コラム
熱中症と漢方
不眠にだるさ、食欲低下…
夏バテと“夏うつ”の違いとは?
年代別でみる心の病
パニック障害とパニック発作
ストレス性で心を病むとは?
ストレスに強くなるには
こころの病気の診断方法
こころの病気の治療
朝起きと健康の関係
ストレスと過覚醒
五月病と過剰反応
病気のコラム
摂食障害
不眠症
食べないと眠れない症候群
夜間摂食症候群(NES)
寝ている間に食べてしまう
症候群
社交不安障害(SAD)
統合失調症
適応障害
抜毛症
依存症
ADHD(注意欠陥・多動症)
仮性認知症
更年期障害
更年期障害に伴ううつ状態
非定型うつ病
気象病
舌痛症
心身症
月経前症候群
慢性疲労症候群
うつ病
ディスチミア型うつ病
新型うつ病

このページの先頭へ戻る