日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック|不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安

日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

パークサイド日比谷クリニックの診療時間

日比谷駅のA4出口より徒歩1分です

パークサイド日比谷クリニックの電話番号03-6550-9050

パークサイド日比谷クリニックの予約フォーム

食べないと眠れない症候群

日常、摂食障害を治療していると、「夜食べないと眠れない」、「どうしても、寝る前に食欲が止まらない」、「睡眠障害で、途中で起きると食べずにいられない」とうい患者さんがいます。

「食べないと眠れない症候群」と書きましたが、正式には、「夜間摂食症候群(nocturnal eating syndrome:NES)」といいます。

夜間摂食症候群とは?

これは、寝る前や、途中で起きてしまった時に、どうしても食べる事を止められずに無茶食いをしてしまう事です。

そして、無茶食いの結果、朝の食欲がなくて、最悪、二次障害として、うつ症状を呈することもあります。

一般的には、このような食事のコントロール不能は、摂食障害でみられ、摂食障害は女性に多い障害ですが、このNESは、女性ももちろんいますが、男性に多いという特徴があります。

ホルモンによる不眠と摂食の悪循環

原因の一つとして、レプチン、グレリン、インスリン、メラトニンなどのホルモンの関与が指摘されています。

レプチンは食欲を抑制し、グレリンは食欲を促進させる作用があります。

NESの患者さんでは、本来夜間に上昇するレプチンが抑制されてしまい、抑制がきかなくなります。

そして、グレリンは、朝食前空腹時にピークをむかえるのですが、夜の無茶食いのせいで抑制され食欲が出てこなくなってしまいます。

また、NESでは夜間のインスリン分泌量が上昇するため空腹感を感じやすくなります。

そして、本来夜に上昇し眠気に関与するメラトニン分泌量が低下し、不眠を引き起こします。

このような、不眠と摂食の悪循環がNESの原因の一つです。

ストレスとの関係

しかし、NESを治療していて感じるのが、ストレスとの関係です。

仕事のストレスが過度になったり、夜遅くまで仕事をしなくてはならなくなると、やはり、そのストレスを受けたまま一日を終わらせたくはなくなります。

努力報酬バランス

努力報酬バランスという概念があります。

ここでの努力とは、頑張る事だけではない、ストレスを受ける事も努力に含まれます。

ここでの報酬とは、努力に対する対価や、ねぎらい、達成感、上司の支援などです。

一日の中で、この努力が報酬を大きく上回ってしまうと、一日の最後にそのバランスの均衡をとりたくなります。つまり、癒されたくなります。

短絡的な癒しである「食事」

夜家に帰り、時間がない中で、一番短絡的に出来る癒しは食べる事です。

また、日中のストレスはコントロール出来ない事なので、そのコントロール出来ない状況に暴露され続けると、どうしてもコントロール出来ることをしたくなります。

食べる事は、人間本来の欲求なため、「食べる事」はコントロールしやすいですが、「食べない事」はコントロールしにくいものです。

このような、精神病理もNESに影響しています。

セロトニンとの関係

そして、NESが長引く要因として、セロトニンが関与していると当医は考えます。

ストレスを受け続けるとセロトニンの機能障害を生じます。

このセロトニンの機能障害の結果、うつ状態や強迫思考(拘り)を引き起こすこともあります。

「眠るために食べる」が、いつしか「食べないと眠れない」に

ストレスで眠れない状態では、覚醒の交感神経が高まっているので、食べる事により逆の副交感神経が亢進して眠くなります。

何度か、この「眠るために食べる」ことを行うと、今度は、「食べないと眠れない」という考えに移行してしまいます。

ましては、セロトニンの機能障害で、強迫性・拘りが強くなっている状態では、より一層「食べないと眠れない」という考えが頭から離れなくなります。

NESの治療について

では、このような状態になった場合、どのようにすればよいかといえば、まずは、自分が普通の状態ではなく、「NES」であることを理解する事です。

夜型の生活リズムを改善して、朝しっかり太陽を浴びる。ストレスを可能な限り減らせるよう上司に相談する。

食べること以外の癒しを取り入れたり、自分だけでコントロールできる余暇を楽しむなどの工夫も大切です。

また、セロトニンの機能障害には薬物療法もあり、特に眠れない不安・拘りには有効です。

ひょっとして、自分がこの「NES」かな?とお悩みになったら、一度ご相談下さい。

一緒に良きソリューション(解決策)を見つけていきましょう。

最新情報
不眠症の新しい治療薬「デエビゴ」のご紹介
気象病とコロナ
院長コラム
産後うつ病
ストレスに強くなる、意外!?な方法(前編)
ストレスに強くなる、意外!?な方法(後編)
新型コロナ第2波に対しての心構え~SOCで乗り切ろう~
新型コロナ第2波に対しての心構え~SOCアプローチ実践~
新しい双極性障害の治療薬が登場しました
テレワーク後「会社に行くのが億劫な人たち」
感謝
テレワーク不安・不眠GW前後で、ストレスがどのように変化したか~葛藤対象の変化~
GW前後での変化~マズローの欲求5段階とは~
テレワーク不眠・不安と、マズローとの関係
テレワーク不眠・不安がテレワークうつへ移行
テレワークうつにならないためには
休校や自粛でストレスを抱える子どもたちのために
ADHD:薬物療法の意義
ADHD:薬物療法の種類
叱り方総論(パパ・ママ編)
叱り方別(ママ、女性編)
叱り方別(パパ、男性編)
自粛による昼夜逆転生活の防止
うつ状態と怠けの違い
健康な食事しか食べられない人たち~オルトレキシア
テレワークうつ
「テレワークうつ」にならない為には
テレワークうつ 医療機関受診の目安
新型コロナ関連ストレスが、心に及ぼす影響
新型コロナストレスと不眠
新型コロナストレスと抑うつ
新型コロナストレスと過食
コロナ過食を防ぐための8か条
新型コロナに感染しない為には(精神医学的アプローチ)
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は、どのくらいの期間生存するのか?
新型コロナ関連ストレス長期化することによって生じる問題
他の敏感な人たち~シゾイドパーソナリティ、発達障害~
新しいうつ病の治療薬が
登場しました!
HSPと過覚醒
HSPと適応障害・うつ病
敏感すぎて疲れてしまう人~HSP~
高照度光療法
ストレス対処方法概論
ストレス対処方法各論
ストレス対処方法各論
~問題対処外向型~
ストレス対処方法各論
~問題対処内向型~
熱中症と漢方
不眠にだるさ、食欲低下…
夏バテと“夏うつ”の違いとは?
年代別でみる心の病
パニック障害とパニック発作
ストレス性で心を病むとは?
ストレスに強くなるには
こころの病気の診断方法
こころの病気の治療
朝起きと健康の関係
ストレスと過覚醒
五月病と過剰反応
うつ病と食事
気象病と寒暖差
抜毛症でお悩みの方へ、切なるお願い
適応障害とうつ病の違い(一般論)
適応障害とうつ病の違い(当方解釈)
適応障害とうつ病の違い(治療編)
病気のコラム
摂食障害
不眠症
食べないと眠れない症候群
夜間摂食症候群(NES)
寝ている間に食べてしまう
症候群
社交不安障害(SAD)
統合失調症
適応障害
抜毛症
依存症
ADHD(注意欠陥・多動症)
仮性認知症
更年期障害
更年期障害に伴ううつ状態
非定型うつ病
気象病
舌痛症
心身症
月経前症候群
慢性疲労症候群
うつ病
ディスチミア型うつ病
新型うつ病
仮面うつ病
強迫性障害

このページの先頭へ戻る