日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック|不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安

日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

パークサイド日比谷クリニックの診療時間

日比谷駅のA5出口より徒歩1分です

パークサイド日比谷クリニックの電話番号03-6550-9050

パークサイド日比谷クリニックの予約フォーム

新しい、うつ病の治療薬が
登場しました!

新しい、うつ病の治療薬が登場しました。

これまでのうつ病の治療薬

今まで、うつ病で使用される、抗うつ薬は主に、下記の3種類でした。

  • 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)
  • セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)
  • ノルアドレナリン作用性・特異的セロトニン作用性抗うつ薬(NaSSA)

これらは主に、セロトニンとノルアドレナリンに作用することで、抗うつ作用を発揮します。

新しく登場したうつ病の治療薬

そして、新しく登場した薬は、
セロトニン再取り込み阻害・セロトニン受容体調節剤(一般名:ボルチオキセチン、商品名:トリンテリックス)です。

これは再取り込み阻害作用と受容体作用を持ち、今までと異なる機序をもつ薬です。

セロトニン再取り込み阻害作用に加え、セロトニン受容体調節作用を持つ新規作用機序の抗うつ薬です。

セロトニントランスポーター阻害作用に加え、セロトニン1A,1B、1D,3、7受容体への作用を有します。

セロトニン1A受容体にはアゴニスト作用(刺激作用)、1A受容体には部分アンタゴニスト作用(阻害作用)、1D,3,7受容体にはアンタゴニスト作用(阻害作用)として働きます。

その結果、セロトニン濃度の上昇だけでなく、セロトニン、ノルアドレナリン、ドパミン、アセチルコリン、ヒスタミンの遊離を促進します。

  • セロトニン再取り込み阻害作用→セロトニン濃度の上昇
  • セロトニン受容体調節作用→セロトニン、ノルアドレナリン、ドパミン、アセチルコリン、ヒスタミン遊離促進

それぞれ期待できる作用

何やら、難しい話をしてしまいましたが、結果として以下の効果が想定されています。

作用点 うつ症状に関連する想定される主な作用
セロトニン再取り込み阻害作用 抑うつ症状への作用
不安症状への作用
セロトニン1A受容体刺激作用 抑うつ症状への作用
不安症状への作用
性機能障害リスク減少の可能性
セロトニン3受容体遮断作用 抑うつ症状への作用の可能性
不安症状への作用
記憶と学習への作用の可能性
セロトニン7受容体遮断作用 記憶と学習への作用の可能性

このような、新しい作用機序の治療薬を適切に使用し、うつ病で悩んでいる患者さんを一人でも多いく治療するのが我々医師の使命と思っております。

このお薬に興味がある患者さんは、お気軽にご相談下さい。

最新情報
新しいうつ病の治療薬が
登場しました!
院長コラム
高照度光療法
ストレス対処方法概論
ストレス対処方法各論
熱中症と漢方
不眠にだるさ、食欲低下…
夏バテと“夏うつ”の違いとは?
年代別でみる心の病
パニック障害とパニック発作
ストレス性で心を病むとは?
ストレスに強くなるには
こころの病気の診断方法
こころの病気の治療
朝起きと健康の関係
ストレスと過覚醒
五月病と過剰反応
病気のコラム
摂食障害
不眠症
食べないと眠れない症候群
夜間摂食症候群(NES)
寝ている間に食べてしまう
症候群
社交不安障害(SAD)
統合失調症
適応障害
抜毛症
依存症
ADHD(注意欠陥・多動症)
仮性認知症
更年期障害
更年期障害に伴ううつ状態
非定型うつ病
気象病
舌痛症
心身症
月経前症候群
慢性疲労症候群
うつ病
ディスチミア型うつ病
新型うつ病
仮面うつ病

このページの先頭へ戻る