日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック|不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安

日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

パークサイド日比谷クリニックの診療時間

日比谷駅のA5出口より徒歩1分です

パークサイド日比谷クリニックの電話番号03-6550-9050

パークサイド日比谷クリニックの予約フォーム

ストレス対処方法概論

人は様々なストレスに対し様々な対処行動をとることで、そのストレスの解消を試みます。

例えば、難しい仕事を1人で任せられてしまうというストレスがかかった際に、人がとる対処行動は様々です。

もちろん与えられた仕事をなんとか遂行しようと専門家に援助を求める人もいるでしょうし、とりあえずお酒を飲んで気を紛らわす人もいるでしょう。

今回はそのような様々なストレス対処方法の特徴とその有効な使い方について説明します。

①問題優先型

ストレスの原因になっている問題に直接アプローチする方法です。

大きく分けると、以下の問題優先外向型と、問題優先内向型に分けられます。

問題優先外向型

問題を積極的に解決してストレス原因を取り除こうとする。

問題優先内向型

その問題を出来るだけ避け、トラブルから離れようとする。

②感情優先型

ストレスの原因である様々な問題を抱えたことによるイライラや不安、さらには辛い気持ちや憂鬱な気持ちを解消させることによりストレスに対処する方法です。

大きく分けると、以下の感情優先外向型と、感情優先内向型に分けられます。

感情優先外向型

自分の積極的なアクションにより嫌な感情を発散させて対処しようとする。

感情優先内向型

周囲の環境や資源を利用しながら嫌な感情を受け止めたり、受け流したりしてストレスに対処しようとする。

バランスよく型を使い分ける

一般的には問題優先型の対処を行う人の方が、感情優先型の対処を行う人に比べてストレスをためにくいといわれています。

しかしながら、社会生活においては解決不可能な問題も多く存在するために、この両者をバランスよく使用することが重要であると言われています。

問題は抱え込まず早期解決を

現代のストレス社会における理想的なストレス解消法としては、直ちに解決できる問題に関しては出来るだけ早期に解決を目指すとこが重要であると考えられます。

しかし、不可避で解決が困難な問題に関しては、第一に情動中心の対処により否定的な気持ちの処理を行い、その後に感情的にならない良好なコンディションで問題の解決に望むことが重要です。

最新情報
新しいうつ病の治療薬が
登場しました!
院長コラム
高照度光療法
ストレス対処方法概論
ストレス対処方法各論
熱中症と漢方
不眠にだるさ、食欲低下…
夏バテと“夏うつ”の違いとは?
年代別でみる心の病
パニック障害とパニック発作
ストレス性で心を病むとは?
ストレスに強くなるには
こころの病気の診断方法
こころの病気の治療
朝起きと健康の関係
ストレスと過覚醒
五月病と過剰反応
病気のコラム
摂食障害
不眠症
食べないと眠れない症候群
夜間摂食症候群(NES)
寝ている間に食べてしまう
症候群
社交不安障害(SAD)
統合失調症
適応障害
抜毛症
依存症
ADHD(注意欠陥・多動症)
仮性認知症
更年期障害
更年期障害に伴ううつ状態
非定型うつ病
気象病
舌痛症
心身症
月経前症候群
慢性疲労症候群
うつ病
ディスチミア型うつ病
新型うつ病
仮面うつ病

このページの先頭へ戻る