日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック|不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安

日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

パークサイド日比谷クリニックの診療時間

日比谷駅のA4出口より徒歩1分です

パークサイド日比谷クリニックの電話番号03-6550-9050

パークサイド日比谷クリニックの予約フォーム

仮面うつ病

皆さんは、仮面うつ病をいう言葉を聞いたことがありますか?

仮面うつ病とは、うつ病なのに、精神症状より身体症状が前面に出るうつ病です。

うつ病の精神症状

うつ病の精神症状としては、大きく「抑うつ気分」と「意欲低下」があります。

抑うつ気分とは、憂うつで、もの悲しい、気持ちが落ち込むなどです。意欲の低下とは、やる気が出ない、何をするにも億劫だという状態です。

当医も学生に、うつ病の講義をする際、この二つを、「普段ないものが出てくる」、「普段あるものがなくなる」と教えます。

つまり、「抑うつ気分 → 普段ないものが出てくる」、「意欲の低下 → 普段あるものがなくなる」という事です。

うつ病の身体症状

そして、うつ病の身体症状とは、以下のようなものがあります。

  • 疲れやすい
  • 下半身がだるい
  • 息苦しい
  • 食欲がなくなる
  • 吐き気がする
  • 胃もたれ
  • 便秘
  • 頭痛
  • 口の渇きなど

自分では体の病気かな?と思ってしまう

仮面うつ病は、これら身体症状が前面に出るため、患者さんはうつ病と思わずに、「体の病気かしら?」と、内科などの身体科を受診されます。

そこでも、特に体の異常が見つからない為、色々な病院、科を受診し、不定愁訴(いろいろな自覚症状があるものの、はっきりとした病気や原因がわからないもの)として扱われることも多いです。

しかし、よくきちんと、精神症状を聞くと、確かに抑うつ気分や意欲の低下はあります。

ただし、患者さんの困っている事の中心が、体の不調なため、患者さんが自ら精神症状を訴えることは少ないです。

心療内科や内科でも精神症状に詳しい先生であれば、仮面うつ病を疑い、精神症状を聞きだしてくれる場合もあります。

もちろん、仮面うつ病はれっきとしたうつ病であるので、うつ病の治療を行い、うつ病か良くなれば体の症状も改善します。

体の不調が続くとき、心にも気を配ってみましょう

皆さんも、体の不調の裏に隠れている精神症状を見逃さずに、上記の身体症状が長引き、良くならない場合は、心の不調に有無を確認することをお勧めします。

当クリニックに初診で来られる患者さんにも、初診前に数件の内科を受診した結果治らず受診される方もいらっしゃいます。

心配であれば、一人で悩まず一度ご相談にいらしてください。

お困りの症状、何とかします。

最新情報
新しいうつ病の治療薬が
登場しました!
院長コラム
高照度光療法
ストレス対処方法概論
ストレス対処方法各論
ストレス対処方法各論
~問題対処外向型~
ストレス対処方法各論
~問題対処内向型~
熱中症と漢方
不眠にだるさ、食欲低下…
夏バテと“夏うつ”の違いとは?
年代別でみる心の病
パニック障害とパニック発作
ストレス性で心を病むとは?
ストレスに強くなるには
こころの病気の診断方法
こころの病気の治療
朝起きと健康の関係
ストレスと過覚醒
五月病と過剰反応
うつ病と食事
病気のコラム
摂食障害
不眠症
食べないと眠れない症候群
夜間摂食症候群(NES)
寝ている間に食べてしまう
症候群
社交不安障害(SAD)
統合失調症
適応障害
抜毛症
依存症
ADHD(注意欠陥・多動症)
仮性認知症
更年期障害
更年期障害に伴ううつ状態
非定型うつ病
気象病
舌痛症
心身症
月経前症候群
慢性疲労症候群
うつ病
ディスチミア型うつ病
新型うつ病
仮面うつ病
強迫性障害

このページの先頭へ戻る