日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック|不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安

日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

パークサイド日比谷クリニックの診療時間

日比谷駅のA4出口より徒歩1分です

パークサイド日比谷クリニックの電話番号03-6550-9050

パークサイド日比谷クリニックの予約フォーム

HSPと過覚醒

日ごろ、クリニックで診療を行っていますと、「自分は、HSPじゃないでしょうか?」との、お悩みで受診される患者さんもいらっしゃいます。

「敏感すぎて疲れてしまう人」のコラムで説明させて頂きましたが、HSPは病気ではなく、気質です。

上記のお悩みで、受診される患者さんの中には、確かに、HSPの気質が濃い人はいらっしゃいます。

しかし、「HSP」を疑って受診される患者さんの多くは、HSPではなく、見かけ上の「HSP」の方が多くいらっしゃいます。

見かけ上のHSPとは過覚醒

では、見かけ上のHSPとはどのような状態かといえば、「過覚醒」です。
(過覚醒に関しては、「ストレスと過覚醒」のコラムに詳しく書いていますので、ご参照頂ければ嬉しいです。)

価格制による感覚の鋭敏化

過覚醒状態になると、交感神経が優位になる状態が常に続くため、感覚の鋭敏化が起こります。

結果、HSPと同様に、周りの状況、刺激に対して敏感になります。

例えば、仕事のストレスにより過覚醒状態となった場合、上司の表情や声、上司の自分への評価、周りの人の表情、また、周囲の音や匂いなどにも鋭敏になってしまいます。

つまり、見かけ上HSPのようになってしまいます。

この場合は、過敏・敏感の原因が過覚醒であるので、過覚醒状態が改善すれば、当然、過敏・敏感な状態はなくなります。

また、過覚醒のみであれば、HSPの特徴(DOES)である、Emotional reactivity and high Empathy:「感情的反応性・高度な共感性」とDepth of processing:「処理の深さ」(コラム「敏感すぎて疲れてしまう人」参照)がない事も、過覚醒とHSPの違いです。

過覚醒からHSPになるか、HSPから過覚醒になるか、
しっかりと判別して治療しましょう

しかしながら、HSPの人は、元来が敏感であったり、相手の言葉や言動に対して、深く考えてしまい、共感性も高いため、当然、過覚醒を起こしやすい気質です。

このような事もあって、「HSPと適応障害、うつ病」のコラムでも書きましたが、HSPの人は、適応障害やうつ病になる危険が高いと思われます。

よって、治療に関しては、過覚醒の原因として、その背景に、HSPがあるのか否かを鑑別することも大切と言えます。

診察時に、様々な問診をさせて頂き、鑑別を進めていきます。

最新情報
新しいうつ病の治療薬が
登場しました!
院長コラム
他の敏感な人たち~シゾイドパーソナリティ、発達障害~
HSPと過覚醒
HSPと適応障害・うつ病
敏感すぎて疲れてしまう人~HSP~
高照度光療法
ストレス対処方法概論
ストレス対処方法各論
ストレス対処方法各論
~問題対処外向型~
ストレス対処方法各論
~問題対処内向型~
熱中症と漢方
不眠にだるさ、食欲低下…
夏バテと“夏うつ”の違いとは?
年代別でみる心の病
パニック障害とパニック発作
ストレス性で心を病むとは?
ストレスに強くなるには
こころの病気の診断方法
こころの病気の治療
朝起きと健康の関係
ストレスと過覚醒
五月病と過剰反応
うつ病と食事
病気のコラム
摂食障害
不眠症
食べないと眠れない症候群
夜間摂食症候群(NES)
寝ている間に食べてしまう
症候群
社交不安障害(SAD)
統合失調症
適応障害
抜毛症
依存症
ADHD(注意欠陥・多動症)
仮性認知症
更年期障害
更年期障害に伴ううつ状態
非定型うつ病
気象病
舌痛症
心身症
月経前症候群
慢性疲労症候群
うつ病
ディスチミア型うつ病
新型うつ病
仮面うつ病
強迫性障害

このページの先頭へ戻る