日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック|不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安

日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

パークサイド日比谷クリニックの診療時間

日比谷駅のA5出口より徒歩1分です

パークサイド日比谷クリニックの電話番号03-6550-9050

パークサイド日比谷クリニックの予約フォーム

社交不安障害(SAD)について

人前に出ると「恥ずかしい思いをするのではないか」と不安や緊張してしまうことは誰もが経験したことがあるでしょう。

通常であればそれはごく自然なことなのですが、社交不安障害(社会不安障害、SAD)は、人からどのように見られているのかや、逆に、人に不快な思いをさせてしまっているのではと必要以上に気にしてしまう病気です。

不安や緊張の度合いが大 きく紅潮や発汗、ふるえ、腹痛などの症状が現れる場合もあります。

以前は、赤面恐怖といわれていました。

また、このような症状がまた出てしまうのではないかという不安が、人が集まる場所を避けるようになります(予期不安による回避行動)。

その結果、学業や就業、さらには結婚などの社会生活に大きな問題を抱えてしまいます。

社交不安障害(社会不安障害、SAD)の症状

社交不安障害(社会不安障害、SAD)には以下の症状が見られます。

  • 会議中(特に自分の報告・発表など)
  • 人前で何かをする時
  • 上司やあまり面識のない人との会話時
  • 試験や仕事の面接を受けている際

社交不安障害(社会不安障害、SAD)の原因

社交不安障害(社会不安障害、SAD)の原因はまだはっきりとわかっていませんが、前頭葉や偏桃体が影響していると考えられており、恐怖症状を抑える働きのある神経伝達物質セロトニンのバランスが崩れ、神経が過敏な状態に置かれるからではないかと言われています。

セロトニンが機能不全をきたす要因としては、過去に人前で恥ずかしい経験をしたことがあるなどの経験的要因、他人の目を気にしすぎる人、人見知りなどの性格的要因、また遺伝的な要因が挙げられています。

社交不安障害の治療

社交不安障害(社会不安障害、SAD)は、脳内の神経伝達物質セロトニンのバランスが崩れることによって起きるものと考えられていますので、治療には脳の機能を調整する薬物療法と、精神療法の認知行動療法を用いて行っていきます。

薬物療法

薬物療法では、主にSSRIという抗うつ剤を用いて治療を行っていきます。

お薬の効果は飲み始めて2週間~1ヶ月ほどで出てきますが、この時点で服用を止めてしまうと、再発の可能性が高まります。

症状が出なくなっても自己判断をせず、医師の指示に従ってお薬の服用は継続していきましょう。

軽度の場合では、漢方による治療も行います。

治療薬は、症状の程度に加え、患者さんの生活状況を加味して選択します。

あまり人前に出ることが少ない人であれば、その都度抗不安薬などの頓用薬だけで様子をみますが、毎日部下の前で朝礼を行う人や、プレゼンの機会が多い人であれば、SSRIなどの薬を毎日服用して、不安を予防するといった感じです。

精神療法(認知行動療法)

精神療法では、不安や恐怖に向き合えるよう医師や臨床心理士の力を借りて行う認知行動療法を行っていきます。

不安を抱きやすい考え方を変えたり、不安の対処法、不安に慣れる訓練を行っていきます。

院長コラム
熱中症と漢方
不眠にだるさ、食欲低下…
夏バテと“夏うつ”の違いとは?
年代別でみる心の病
パニック障害とパニック発作
ストレス性で心を病むとは?
ストレスに強くなるには
こころの病気の診断方法
こころの病気の治療
朝起きと健康の関係
ストレスと過覚醒
五月病と過剰反応
病気のコラム
摂食障害
不眠症
社交不安障害(SAD)
統合失調症
適応障害
抜毛症
依存症
ADHD(注意欠陥・多動症)
仮性認知症
更年期障害
更年期障害に伴ううつ状態
非定型うつ病
気象病
舌痛症
心身症
月経前症候群
慢性疲労症候群
うつ病
ディスチミア型うつ病
新型うつ病

このページの先頭へ戻る