日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック|不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安

日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

パークサイド日比谷クリニックの診療時間

日比谷駅のA5出口より徒歩1分です

パークサイド日比谷クリニックの電話番号03-6550-9050

パークサイド日比谷クリニックの予約フォーム

ストレスと過覚醒

「過覚醒」とは

みなさんは、過覚醒という言葉を聞いたことはあまりないと思います。

しかし、「自律神経」という言葉は聞いたことがあると思います。自律神経は、交感神経と副交感神経を総称した呼び方です。

過覚醒とは、この自律神経(交感神経、副交感神経)のうち、交感神経が過剰に高ぶっている状態です。

交感神経とは?

交感神経とは、覚醒時に高くなる神経で、危機的状況を乗り越えようとするときや、ストレスに立ち向かうとき、また、新たな状況や環境に適応しようと頑張っている場合にも高まります。

そして、それらストレスから解放されリラックスできる状況になると、交感神経が下がり、逆に副交感神経が上がり休息状態となります。

副交感神経とは?

副交感神経は、リラックスのほかに、内臓機能や免疫を調整する役目を担っています。

交感神経が反応することは自然な防衛反応ですが、人の期待に応えようと過剰に頑張ってしまったり、常にストレスにさらされる場合では、交感神経が常に刺激され、本来リラックスできる状況になっても下がらなくなってしまいます。

このように交感神経が常に優位になっている状態が過覚醒です。

過覚醒によって引き起こされてしまう症状

過覚醒になると、交感神経が常に高ぶっているので、動悸、口の乾き、肩こり、頭痛、寝付きが悪く、睡眠が浅くなり些細な物音で起きてしまったりします。

そして、副交感神経が抑制されているので、胃腸など内臓の機能が低下し、胃痛、吐き気、腹痛が起こります。

また、これら自律神経のバランスが乱れる事によって、喘息発作やじんましん、円形脱毛、月経不順などを生じたりします。

さらに、この状態が長く続くと敏感さが増し、些細なことが気になり頭から離れなくなり、頭が休息出来ない状態となります。その結果、心身の疲弊につながり、疲れやすくなり、意欲が低下し、最悪うつ状態となってしまいます。

交感神経が優位な症状

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 口の渇き
  • 寝付きが悪い
  • 睡眠が浅い
  • 動悸
  • 感覚過敏(聴覚、痛み刺激に過敏)

副交感神経が優位な症状

  • 胃痛
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 免疫力低下
院長コラム
熱中症と漢方
不眠にだるさ、食欲低下…
夏バテと“夏うつ”の違いとは?
年代別でみる心の病
パニック障害とパニック発作
ストレス性で心を病むとは?
ストレスに強くなるには
こころの病気の診断方法
こころの病気の治療
朝起きと健康の関係
ストレスと過覚醒
五月病と過剰反応
病気のコラム
摂食障害
不眠症
社交不安障害(SAD)
統合失調症
適応障害
抜毛症
依存症
ADHD(注意欠陥・多動症)
仮性認知症
更年期障害
更年期障害に伴ううつ状態
非定型うつ病
気象病
舌痛症
心身症
月経前症候群
慢性疲労症候群
うつ病
ディスチミア型うつ病
新型うつ病

このページの先頭へ戻る