日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック|不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安

日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

パークサイド日比谷クリニックの診療時間

日比谷駅のA5出口より徒歩1分です

パークサイド日比谷クリニックの電話番号03-6550-9050

パークサイド日比谷クリニックの予約フォーム

寝ている間に食べてしまう症候群

皆さんの中にも、ひょっとしたら「朝起きたら、食べ物が散らかっている」、「食べた記憶はないが…どうやら食べてたみたい」など経験されたことがある人がいるかもしれません。

睡眠関連摂食障害(SRED)

このように、夜間睡眠中に、「無意識」に摂食行動を繰り返す病態があります。

これを、睡眠関連摂食障害(sleep related eating disorder : SRED)といいます。

SREDは、non-REM睡眠(深い睡眠)からの覚醒障害に類する睡眠障害の一つで、睡眠時随伴症に分類されます。診断基準は下記を参照。

眠ってから3時間以内に起きやすい

SREDは主に入眠後3時間以内に生じる事が多いです。

無意識に食べており、起きた後には睡眠中の食行動について覚えていないことが殆どですが、まれに記憶の一部を少し覚えていることもあります。

基本は、ほぼ無意識状態で食べているのです。

SREDの時に食べてしまうもの

そして、SRED中に食べる内容は、パスタ、ごはん、パン、ポテトチップスなど炭水化物や脂肪を多く含む高カロリーな食べ物が多いという特徴があります。

その他に、アレルギーを生じるためいつも避けている食べ物や、未調理品(解凍していない冷凍食品)を食べてしまうこともあります。

外傷から発覚することも

SRED中は、意識障害のもと調理、移動するため、起きた後、やけどやケガでSREDが判明することもあります。

朝起きたら、食べ物が散らかっており、キッチンには調理をした跡がある。しかし、全くその記憶がない。ビックリですよね。

うつ状態を引き起こすことも

SREDの患者さんの中には、自分が夜間の食行動をコントロール出来ない自己嫌悪から、うつ状態になってしまう人もいます。

原因は様々

このSREDの原因は様々で、ストレスや、喫煙、アルコール、薬物乱用、日中のダイエットなどや、睡眠導入剤、安定剤などの薬で生じることもあります。

治療はまず原因の特定から

治療は、ストレスが原因となっている場合は、そのストレスの特定、軽減が必要です。

環境性や、精神療法などを行い、ストレスの軽減を試みます。

薬剤が原因であれば、その薬剤の減量、中止を行います。

また、改善が見られない場合は、SREDそのものに対して薬物療法を行います。

SSRIや3環系などの抗うつ薬、抗てんかん薬など効果が期待できます。

SREDは、無意識での病態な為、努力と根性では改善困難です。SREDでお悩みの方が、一度ご相談下さい。

SREDの診断基準

A 不随意的な飲食エピソードが主要睡眠時間帯に繰り返し生じる。
B 不随意的な飲食エピソードの反復とともに以下の1つ以上が認められる。
 
  • 1)食物、非食用の物、毒性を奇妙な形式や組み合わせで口にする。
  • 2)摂食エピソードの繰り返しのためもたらされる睡眠分断に関連して不眠が認められ、回復的でない睡眠、日中の疲れ、または眠気を訴える。
  • 3)睡眠に関連したケガ。
  • 4)食べ物を探したり調理したりする間に危険な行為をする。
  • 5)朝の食欲不振。
  • 6)高カロリー食品の過食を繰り返すことによる健康への悪影響。
C この障害は、他の睡眠障害、身体疾患や神経疾患、精神疾患、薬物使用、または物質使用障害で説明できない。
院長コラム
熱中症と漢方
不眠にだるさ、食欲低下…
夏バテと“夏うつ”の違いとは?
年代別でみる心の病
パニック障害とパニック発作
ストレス性で心を病むとは?
ストレスに強くなるには
こころの病気の診断方法
こころの病気の治療
朝起きと健康の関係
ストレスと過覚醒
五月病と過剰反応
病気のコラム
摂食障害
不眠症
食べないと眠れない症候群
夜間摂食症候群(NES)
寝ている間に食べてしまう
症候群
社交不安障害(SAD)
統合失調症
適応障害
抜毛症
依存症
ADHD(注意欠陥・多動症)
仮性認知症
更年期障害
更年期障害に伴ううつ状態
非定型うつ病
気象病
舌痛症
心身症
月経前症候群
慢性疲労症候群
うつ病
ディスチミア型うつ病
新型うつ病

このページの先頭へ戻る