日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック|不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安

日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

パークサイド日比谷クリニックの診療時間

日比谷駅のA5出口より徒歩1分です

パークサイド日比谷クリニックの電話番号03-6550-9050

パークサイド日比谷クリニックの予約フォーム

朝起きと健康の関係

朝日光を浴びましょう

こころの健康を保つためにまず初めに出来ることは、朝規則正しい時間に起き日光を浴びることです。

では、なぜ朝日光を浴びることが良いのでしょうか。

それは、2つの側面から言えます。

光の刺激で、感情を安定させましょう

一つ目は、セロトニンとの関係です。

セロトニンは脳内の神経伝達物質のひとつで、ほかの神経伝達物質であるドーパミン(喜び、快楽)、ノルアドレナリン(恐れ、驚き)などの情報をコントロールし、こころを安定させる働きをしてくれます。

このセロトニンの低下がうつ病を引き起こすといわれています。

また、このセロトニンの低下は様々な精神的失調を引き起こし、過食症、パニック障害、依存症などとの関係も指摘されています。

このセロトニンの分泌は、朝脳の覚醒と同時に始まり、視覚からの光刺激によって合成が促進されます。

よって、光刺激が不足するとセロトニンの合成が不十分になる危険があります。

その結果セロトニンが不足すると、感情や考えのコントロールが効きにくくなり、情緒・気分を不安定となりやすくなり様々なこころの失調を引き起こしやすくなります。

日光を浴びて、体内時計をリセット

二つ目はメラトニンとの関係です。

ヒトの体内時計は25時間周期といわれています。

その周期にはメラトニンとういホルモンが大きく影響しています。

メラトニンは脳内の睡眠誘発物質であり、分泌が増えると眠くなる性質を持っています。

メラトニンもまた、光刺激によって分泌が抑えられます。

朝起きて日光を浴びると、体内時計が正しくリセットされ、メラトニンの昼間の量が抑制されることで、逆に夜にはしっかりとメラトニンが分泌されるようになります。

ヒトは昼夜逆転すると精神が非常に不安定になります。

そうならないためにも、朝日光を浴びてメラトニンをしっかりリセットすることが重要なのです。

最新情報
新しいうつ病の治療薬が
登場しました!
院長コラム
高照度光療法
ストレス対処方法概論
ストレス対処方法各論
熱中症と漢方
不眠にだるさ、食欲低下…
夏バテと“夏うつ”の違いとは?
年代別でみる心の病
パニック障害とパニック発作
ストレス性で心を病むとは?
ストレスに強くなるには
こころの病気の診断方法
こころの病気の治療
朝起きと健康の関係
ストレスと過覚醒
五月病と過剰反応
病気のコラム
摂食障害
不眠症
食べないと眠れない症候群
夜間摂食症候群(NES)
寝ている間に食べてしまう
症候群
社交不安障害(SAD)
統合失調症
適応障害
抜毛症
依存症
ADHD(注意欠陥・多動症)
仮性認知症
更年期障害
更年期障害に伴ううつ状態
非定型うつ病
気象病
舌痛症
心身症
月経前症候群
慢性疲労症候群
うつ病
ディスチミア型うつ病
新型うつ病
仮面うつ病

このページの先頭へ戻る