日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック|不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安

日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

パークサイド日比谷クリニックの診療時間

日比谷駅のA5出口より徒歩1分です

パークサイド日比谷クリニックの電話番号03-6550-9050

パークサイド日比谷クリニックの予約フォーム

統合失調症

統合失調症とは、頭の中が騒がしくなり、考えや気持ちがまとまらなくなったり、幻聴があったり、誰かにずっと監視されているような感じがする状態が続く精神疾患です。

約100人に1人がかかるといわれており、まれな病気ではありません。

思春期から40才くらいまでに発病しやすいことが知られています。

専門的な治療を継続することによって、症状をコントロールすることが可能な病気です。

症状

統合失調症の症状には、「陽性症状」と「陰性症状」があります。

陽性症状

  • 実際には存在しない対象が見えたり聞こえたりする
  • 自分と関わりのない出来事でも自分と関連があるように感じる
  • 実際は起こっていないことが起きているように思ったりする
  • 気持ちや考えがまとまらなくなる
  • 自分の考えていることが、周りに察知されていると感じる
  • 人の考えが、いきなり自分の頭の中に入ってくると感じる
  • 漠然とした不安感が出てきて、とにかく世の中が不気味に感じる
  • イライラしたり怒りっぽくなる など

陰性症状

  • 物事に対して無関心になる
  • 倦怠感が強くなる
  • すべてに対して億劫になる
  • 意欲がなくなる
  • 心のエネルギーがなくなってしまう など

原因

統合失調症の原因はまだはっきりとわかっていませんが、脳内で情報を伝えるドーパミンなどの神経伝達物質のバランスがくずれることが関係しているのではないかといわれています。

また、遺伝的な事も関与しているといわれていますが、さまざまな要因が複合的に関与していると考えられています。

治療方法

症状が活発であり周りからの刺激に敏感になっている急性期などには、不必要な刺激を避けて治療に専念することや十分な睡眠を確保することが重要です。

そのため入院による治療を選んだ方が良いと医師が判断する場合がありますが、入院せずに外来治療をつづけて、回復に向かう方も多くいらっしゃいます。

治療薬

脳内で情報を伝える情報伝達物質のバランスを整える薬が幻覚や妄想などの症状を改善するために処方されます。

その他にも、症状に合わせて、不安や気分の落ち込みを和らげる薬、よく眠れるようにする薬などが使われます。

統合失調症では、薬を飲むことをやめると、再び症状が出てくることがあります。

また、再発を繰り返すと症状が強くなり、治りにくくなります。

薬には再発を予防する作用がありますので、薬を飲みつづけることが重要です。

症状が良くなったからといって、自己判断で薬をやめないようにしましょう。

ただ、症状がある程度改善して、安定状態が続いた場合、量を減らすことは十分可能です。

「薬の量を減らす」、「飲む回数を減らす」などについては、医師とよく相談して決めましょう。

薬の副作用

時として、体がかたくなったように感じたり、手足が震えたり、足がムズムズして落ち着きがなくなる人もいらっしゃいます。

また、のどが渇いたり、便秘になったりする人もいらっしゃいます。

これらは薬の副作用の場合がありますので、少しでもおかしいなと感じたらご相談ください。

薬の量を調整したり、組み合わせや種類を変たりすることによって、副作用をおさえることが可能です。

院長コラム
熱中症と漢方
不眠にだるさ、食欲低下…
夏バテと“夏うつ”の違いとは?
年代別でみる心の病
パニック障害とパニック発作
ストレス性で心を病むとは?
ストレスに強くなるには
こころの病気の診断方法
こころの病気の治療
朝起きと健康の関係
ストレスと過覚醒
五月病と過剰反応
病気のコラム
摂食障害
不眠症
食べないと眠れない症候群
夜間摂食症候群(NES)
寝ている間に食べてしまう
症候群
社交不安障害(SAD)
統合失調症
適応障害
抜毛症
依存症
ADHD(注意欠陥・多動症)
仮性認知症
更年期障害
更年期障害に伴ううつ状態
非定型うつ病
気象病
舌痛症
心身症
月経前症候群
慢性疲労症候群
うつ病
ディスチミア型うつ病
新型うつ病

このページの先頭へ戻る