日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック|不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安

日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

パークサイド日比谷クリニックの診療時間

日比谷駅のA5出口より徒歩1分です

パークサイド日比谷クリニックの電話番号03-6550-9050

パークサイド日比谷クリニックの予約フォーム

気象病

気象病とは、季節の変わり目や、曇りや雨の日、寒暖差が激しい時、台風や低気圧の時に、頭痛、めまい、関節痛、吐き気、むくみ、手足のしびれ、気持ちの落ち込み、疲れやすいなどの症状が出る事です。

一般的な病名ではなく、症候群という概念です。

原因

気圧の変化が主な原因に

原因としては、気温や天気より、気圧の変化が大きく影響していると考えられています。

気圧変動が大きいと、内耳にある気圧センサーがその気圧変動を感知し、自律神経(交感神経、副交感神経)が乱れるためです。

勿論、普通の方でもある程度、気圧の変動に対して体調が乱れる事がありますが、日常生活に支障が出るようであれば気象病と言えます。

この気象病は、漢方用語で「水毒」という状態に非常に近く、水毒とは、体内のリンパ液、胃液、腸液、脳脊髄液をさし、これらの水が滞って上手く循環していない状態です。

治療法

治療としては、漢方が非常に効果的です。

また、この水毒の時は胃腸が弱って冷えているので、食べすぎ飲み過ぎなど胃腸に負担をかけない生活をし、身体の冷えをとることも大切です。

実は、私もこの気象病なのですが、気圧が乱れる時期(季節の変わり目、梅雨に入る時期、台風の前)には、予防的に漢方を服用し、上手く付き合っています。

気圧の変化に影響を受けない人はいません。

症状をすべてなくすということではなく、上手く付き合うことを目指しましょう。

院長コラム
熱中症と漢方
不眠にだるさ、食欲低下…
夏バテと“夏うつ”の違いとは?
年代別でみる心の病
パニック障害とパニック発作
ストレス性で心を病むとは?
ストレスに強くなるには
こころの病気の診断方法
こころの病気の治療
朝起きと健康の関係
ストレスと過覚醒
五月病と過剰反応
病気のコラム
摂食障害
不眠症
社交不安障害(SAD)
統合失調症
適応障害
抜毛症
依存症
ADHD(注意欠陥・多動症)
仮性認知症
更年期障害
更年期障害に伴ううつ状態
非定型うつ病
気象病
舌痛症
心身症
月経前症候群
慢性疲労症候群
うつ病
ディスチミア型うつ病
新型うつ病

このページの先頭へ戻る