日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック|不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安

日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

パークサイド日比谷クリニックの診療時間

日比谷駅のA5出口より徒歩1分です

パークサイド日比谷クリニックの電話番号03-6550-9050

パークサイド日比谷クリニックの予約フォーム

更年期障害

女性は40代半ばになると、卵巣の機能低下により女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が少なくなっていき、月経異常や月経不順が続きやすくなります。

この大きな変化によって、心身ともにさまざまな症状が起きることを更年期障害と呼んでいます。

また、この年代は、子どもの自立や夫の定年など、ご本人を取り巻く生活環境にも変化が見られる時期のため、心にも負担がかかりやすく、憂うつや情緒不安定など精神的な症状を訴える方もいらっしゃいます。

症状は人によってさまざまです

更年期障害の症状は個人により様々です。
以下はその一例です。

  • 肩こり、腰痛、疲労感
  • のぼせ、ほてり、発汗、ホットフラッシュ
  • 目まい、耳鳴り、動悸
  • イライラ、不安感、不眠、気持ちが落ち込む、もの悲しくなる
  • 余裕がなくなり、焦り感が強くなる

気持ちが落ち込む場合はご相談ください

更年期障害かもしれないと思っても、どの科を受診すれば良いかわからずそのままにしていませんか?

気持ちの落ち込みやコントロールが出来ない場合は、心療内科・精神科にご相談してみてください。

更年期だから体調が悪いのは仕方ない、と我慢する必要はありません。

症状に合わせて、漢方や薬物療法で症状の緩和が可能です。

正しい診断を受け、更年期を元気に乗り切りましょう。

最新情報
新しいうつ病の治療薬が
登場しました!
院長コラム
高照度光療法
ストレス対処方法概論
ストレス対処方法各論
熱中症と漢方
不眠にだるさ、食欲低下…
夏バテと“夏うつ”の違いとは?
年代別でみる心の病
パニック障害とパニック発作
ストレス性で心を病むとは?
ストレスに強くなるには
こころの病気の診断方法
こころの病気の治療
朝起きと健康の関係
ストレスと過覚醒
五月病と過剰反応
病気のコラム
摂食障害
不眠症
食べないと眠れない症候群
夜間摂食症候群(NES)
寝ている間に食べてしまう
症候群
社交不安障害(SAD)
統合失調症
適応障害
抜毛症
依存症
ADHD(注意欠陥・多動症)
仮性認知症
更年期障害
更年期障害に伴ううつ状態
非定型うつ病
気象病
舌痛症
心身症
月経前症候群
慢性疲労症候群
うつ病
ディスチミア型うつ病
新型うつ病
仮面うつ病

このページの先頭へ戻る