日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック|不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安

日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

パークサイド日比谷クリニックの診療時間

日比谷駅のA5出口より徒歩1分です

パークサイド日比谷クリニックの電話番号03-6550-9050

パークサイド日比谷クリニックの予約フォーム

パニック障害とパニック発作

みなさんも、パニック障害という名前を聞いたことがあると思いますが、実はパニック発作が生じたからと言って全てがパニック障害というわけではないのです。

まず、パニック発作とは、病名はなく、症状名です。
ある限定した時間内に激しい不安感や不安感とともに以下の13の症状のうち4つ以上が突然出現し、10分以内にピークに達することです。

  • 動悸、心悸亢進、または心拍数の増加
  • 発汗
  • 身震いまたは震え
  • 息切れ感または息苦しさ
  • 窒息感
  • 胸痛または胸部の不快感
  • 嘔気または腹部の不快感
  • めまい感、ふらつく感じ、頭が軽くなる感じ、または気が遠くなる感じ
  • 現実感消失(現実でない感じ)または離人症状(自分自身から離れている)
  • コントロールを失うことに対する、または気が狂うことに対する恐怖
  • 死ぬことに対する恐怖
  • 異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)
  • 冷感または熱感

そして、パニック障害については多くの方が誤解されていのですが、パニック障害とは、何らかの誘因がないまま、予知できずパニック発作が繰り返し起こってしまう事なのです。

例えば、家でボーとテレビを見ている最中などに、何の誘因もなくいきなりパニック発作が生じてしまうのです。いつ起こるかわからないので不安で仕方がありません。

その結果、いざ発作が起こった場合逃げられない場所(混雑している場所や、長距離の電車など)へ行くことが怖くなるのです。

元々満員電車が苦手な人が、満員電車の乗った時にだけパニック発作を起こすのであれば、パニック発作ではなく、特定の状況に対する恐怖性障害をいう診断になります。

パニック発作はパニック障害以外の病気でも起こります

では、パニック障害以外でどのような場合にパニック発作が起こるかといえば、適応障害、不安障害、強迫性障害、PTSD、恐怖性障害などで生じます。そして、それらに共通していることは、過覚醒という状態です。これは、自律神経の交感神経が過剰に高ぶっている状態です。交感神経とは覚醒時に高くなる神経で、緊張状態やストレスを感じる状態、また、新たな状況、環境に適応しようと頑張っている場合にも高まります。
詳しくは、ストレスと過覚醒のコラムをご覧ください

例えば、仕事のストレスに加えて、家庭やプライベートのストレス、不規則な生活などで、交感神経が過剰に高まり、過覚醒状態になると、不安に対する過敏さが増し、パニック発作を起こしてしまう危険が高まります。

パニック発作を起こしにくくするためには?

そのような場合では、まずは、不規則な生活を極力改善し、落ち着くまでは、不必要なストレスを避けることが第一です。カフェインや過度のアルコール、ニコチン摂取も交感神経を刺激するので当面控える事です。

院長コラム
熱中症と漢方
不眠にだるさ、食欲低下…
夏バテと“夏うつ”の違いとは?
年代別でみる心の病
パニック障害とパニック発作
ストレス性で心を病むとは?
ストレスに強くなるには
こころの病気の診断方法
こころの病気の治療
朝起きと健康の関係
ストレスと過覚醒
五月病と過剰反応
病気のコラム
摂食障害
不眠症
食べないと眠れない症候群
夜間摂食症候群(NES)
寝ている間に食べてしまう
症候群
社交不安障害(SAD)
統合失調症
適応障害
抜毛症
依存症
ADHD(注意欠陥・多動症)
仮性認知症
更年期障害
更年期障害に伴ううつ状態
非定型うつ病
気象病
舌痛症
心身症
月経前症候群
慢性疲労症候群
うつ病
ディスチミア型うつ病
新型うつ病

このページの先頭へ戻る