日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック|不眠・眠れない 気分が落ち込む やる気が起きない 不安

日比谷 有楽町の心療内科 精神科 パークサイド日比谷クリニック

パークサイド日比谷クリニックの診療時間

日比谷駅のA4出口より徒歩1分です

パークサイド日比谷クリニックの電話番号03-6550-9050

パークサイド日比谷クリニックの予約フォーム

適応障害とうつ病の違い(当方解釈)

2021/8/4

当方なりの鑑別

精神病理とハイデルベルク学派をこよなく愛している当方は、一般的な解釈とは、少し違った角度を踏まえて、適応障害とうつ病の鑑別を行います。

では、その違った角度とは、何かと言えば、「症状の可逆性」です。

例えば、仕事のストレスで、うつ症状を呈したとしましょう。

そのうつ症状が、仮にうつ病の診断基準を満たさないものであったとすれば、適応障害に伴ううつ状態と診断します。

ここまでは、通常の解釈と同じです。

次に、ではこの患者さんをそのストレス因から退却してもらいます。つまり、休職していただきます。適応障害はストレス反応です。「反応」なのです。

反応であれば、当然、そのストレッサーの暴露から退却出来て、家族や知人に癒され、時間が経過すれば当然、症状は改善していきます。

しかし、休職して、癒され、時間が経過したにも関わらず、症状が思うように改善しないケースもあります。当方は、この時点で、適応障害からうつ病に診断を切り替えます。

この考えは、ハイデルベルク学派のクルト・シュナイダーの考えに基づいています。

シュナイダーは、「意味連続性の断裂」という概念を提唱しました。これは、もともと統合失調症に使われることが多いのですが、「心のレベル」と「脳レベル」の境を判断する事に非常に役立ちます。

少し難しい話になってきましたね(涙)

意味連続性の断裂

この「意味連続性の断裂」とはどのような事でしょうか。

ストレスで心を病み、うつ状態となった人が、そのストレッサーから解放されれば、時間経過とともに、うつ状態は改善するという流れが通常の意味連続性です。つまり、生物学的に一般的な流れです。

しかし、そのストレッサーから解放されたにも関わらず、なぜか思うように症状が改善しなかったり、悪化してしまう。そうなると、意味連続性が断裂していると考えます。つまり、生物学的に一般の流れから逸脱していることになります。

つまり、「あれ、おかしいなぁ」、「こんなはずじゃなかったなぁ」という感覚です。

では、この意味連続性の断裂が何を意味しているかですが、それは、「可逆性の損失」、つまり、「脳レベルの障害の有無」です。

人がストレスで心を病むときは、「心のレベル」から始まり、「自律神経レベル(過覚醒)」となり、さらに悪化すると「脳レベル」となります。

心のレベル
 ↓
自律神経レベル(過覚醒)
 ↓
脳レベル

まず、ストレスに暴露されると、
「心のレベル」で、「あ~、やだなあ」、「辛いなぁ」、「逃げたいなぁ」、「落ち込むなぁ」と反応します。皆さんも心当たりがありますよね。

そして、次第に「眠れないなぁ」、「不安でドキドキするなぁ」、「肩こりが激しくなったなぁ」、「最近頭痛がとれないなぁ」、「胃もたれがして食欲がないなぁ」など「自律神経のレベル(過覚醒)」となります(過覚醒の詳細な「過覚醒のコラム」参照)

さらに病が進行すると、「仕事を休んでも全く気が晴れない」、「頭が全く働かない」、「新しいことが覚えられない」と悪化し、「脳レベル」の障害となります。

脳レベルの障害とは、脳内のセロトニンやノルアドレナリン、ドーパミンなど神経伝達物質の失調をきたしている状態です。

この脳レベルまで進行すると、症状の可逆性が無くなってきます(不可逆性)。

この不可逆性は、治療後にわかる場合もあれば、治療前にわかる場合もあります。

診断の際に尋ねること

当方が診断の際に、よく以下の事を尋ねます。

「仕事がある日は、落ち込んだり、気持ちが鬱々とする事があると思いますが、週末や連休でご家族と一緒にいるときは、症状が緩和しますか?」

「週末の趣味の時間は、今まで通り楽しめますか?」

「プライベートや仕事で嬉しいことがあると、気持ちが改善しますか?」

この質問に対して、「Yes」であれば可逆性があるため、「心のレベル」、「自律神経レベル」と判断し、「No」であれば不可逆性があるため、「脳レベル」と判断します。

(もちろん、この質問以外に、表情の硬さ、日内変動(午前午後の症状の違い)、声のトーン、かもし出すオーラ・雰囲気などトータルで判断しますが)

つまり、
「心のレベル」、「自律神経レベル」→可逆性あり→適応障害
「脳レベル」→不可逆性あり→うつ病
という流れで診断します。

ちょっと難しくなっちゃいましたね。ホントすみません。

治療については次のコラムで説明します。

※本掲載内容を許可なく転載することを禁じます

最新情報
不眠症の新しい治療薬「デエビゴ」のご紹介
気象病とコロナ
院長コラム
産後うつ病
ストレスに強くなる、意外!?な方法(前編)
ストレスに強くなる、意外!?な方法(後編)
新型コロナ第2波に対しての心構え~SOCで乗り切ろう~
新型コロナ第2波に対しての心構え~SOCアプローチ実践~
新しい双極性障害の治療薬が登場しました
テレワーク後「会社に行くのが億劫な人たち」
感謝
テレワーク不安・不眠GW前後で、ストレスがどのように変化したか~葛藤対象の変化~
GW前後での変化~マズローの欲求5段階とは~
テレワーク不眠・不安と、マズローとの関係
テレワーク不眠・不安がテレワークうつへ移行
テレワークうつにならないためには
休校や自粛でストレスを抱える子どもたちのために
ADHD:薬物療法の意義
ADHD:薬物療法の種類
叱り方総論(パパ・ママ編)
叱り方別(ママ、女性編)
叱り方別(パパ、男性編)
自粛による昼夜逆転生活の防止
うつ状態と怠けの違い
健康な食事しか食べられない人たち~オルトレキシア
テレワークうつ
「テレワークうつ」にならない為には
テレワークうつ 医療機関受診の目安
新型コロナ関連ストレスが、心に及ぼす影響
新型コロナストレスと不眠
新型コロナストレスと抑うつ
新型コロナストレスと過食
コロナ過食を防ぐための8か条
新型コロナに感染しない為には(精神医学的アプローチ)
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は、どのくらいの期間生存するのか?
新型コロナ関連ストレス長期化することによって生じる問題
他の敏感な人たち~シゾイドパーソナリティ、発達障害~
新しいうつ病の治療薬が
登場しました!
HSPと過覚醒
HSPと適応障害・うつ病
敏感すぎて疲れてしまう人~HSP~
高照度光療法
ストレス対処方法概論
ストレス対処方法各論
ストレス対処方法各論
~問題対処外向型~
ストレス対処方法各論
~問題対処内向型~
熱中症と漢方
不眠にだるさ、食欲低下…
夏バテと“夏うつ”の違いとは?
年代別でみる心の病
パニック障害とパニック発作
ストレス性で心を病むとは?
ストレスに強くなるには
こころの病気の診断方法
こころの病気の治療
朝起きと健康の関係
ストレスと過覚醒
五月病と過剰反応
うつ病と食事
気象病と寒暖差
抜毛症でお悩みの方へ、切なるお願い
適応障害とうつ病の違い(一般論)
適応障害とうつ病の違い(当方解釈)
適応障害とうつ病の違い(治療編)
病気のコラム
摂食障害
不眠症
食べないと眠れない症候群
夜間摂食症候群(NES)
寝ている間に食べてしまう
症候群
社交不安障害(SAD)
統合失調症
適応障害
抜毛症
依存症
ADHD(注意欠陥・多動症)
仮性認知症
更年期障害
更年期障害に伴ううつ状態
非定型うつ病
気象病
舌痛症
心身症
月経前症候群
慢性疲労症候群
うつ病
ディスチミア型うつ病
新型うつ病
仮面うつ病
強迫性障害

このページの先頭へ戻る